Ardbeg10

Ardbeg 10(アードベッグ ten)のレビュー

Ardbeg10の味と香りの評価

アードベッグ10年は、アードベッグが「アルティメットレンジ」と呼ぶ、オープニングボトリングです。このシリーズの次のリリースは、UigeadailとCorryvreckanで、どちらもエイジ・ステートメントを備えていません。アードベッグ10は、現在最も低価格で入手しやすいアードベッグのボトリングでもあります。このピート系ドラマは、アルコール度数46%(92プルーフ)でボトリングされ、ノンチルフィルターを使用しています。

アードベッグの名前は、毎年の限定リリースの代名詞となっていますが、「アードベッグ10年」は別格です。大胆な仕上げとそれに見合ったマーケティングを特徴とするボトリングの回転ラインナップの中で、試行錯誤を重ねた10は、より確かな地位を確立しています。

常に入手可能なリリースとして、1本あたりの価格は、二次市場の上昇を避けることができます。さらに、アードベッグ10年は、深く、重く、湿ったピートの世界を初心者に紹介する際に、羅針盤のような信頼性を形成する立場にあります。もちろん、これらの品質は、個々の飲み手がこのボトルを楽しむことができない場合には無駄になります。

アルコール度数46%(92プルーフ)、10年熟成、麦芽100%で、外観は淡い黄金色の麦わら色をしています。

ピートスモークの香りが漂う。開くと、より多くのピート、より多くのスモークが香る。メンソールとユーカリのトローチ。ピーナッツ、塩水、バターなどの大胆な香りとともに、白ブドウの香りが漂う。

味わい アードベッグが目指している軽やかさとスモークのぶつかり合いを、口の中でも変わらず表現しています。軽やかな口当たり。繊細な舌触りと力強いフレーバー。塩が主役で、すぐにスモークの力強さが出てくる。塩漬けのホイップハニー、ドライマンゴーとパパイヤ、バターを塗ったパスタにのせた新鮮なパセリのみじん切り、タイのスイートチリのような香り。フィニッシュはスモークが先導し、飲み込んだ後はスモークが主役になる。塩とバニラクリームの余韻と、持続するスモーキーさがたまらない。

アードベッグ10年は、個人的にホームバーに置くことをお勧めするウイスキーの短いリストに含まれています。私の意見では、このアードベッグ10年とラフロイグ10年のどちらかが、ヘビーピーテッドラムとアイラ島の地域を代表する、ささやかなコレクションの必須アイテムとしてぴったりだ。

Ardbeg10飲み歩き

今日はArdbeg10が飲みたくて池袋のbarにいった。いそいそと着替えて支度をし、最寄りの駅まで歩いていく。歩いていく途中で何を飲もうかと考える。今日もアイラモルトが飲みたいのでArdbegは外せないが予算的に10年か ?と思い悩む。

筆者 がもちゃん@JPウィスキー

学生時代にふらりと入ったバーで飲んだウィスキーロックが美味しくてウィスキーの世界にどっぷりハマりました。バー巡りをして珍しいウィスキーが無いか探すのが趣味で、アイラモルト、ジャパニーズウィスキーなどが最近の好みです。ジャパニーズウィスキーが高騰して最近飲めないと嘆いています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>