アードベッグ コリーヴレッカン

Ardbeg Corryvreckan(アードベッグ コリーヴレッカン)のレビュー

Ardbeg Corryvreckanの味と香りの評価

毎年のように登場しては消えていく限定品や、その他のハイエンドボトリングに加えて、アードベッグは「アルティメットレンジ」と呼ばれるシングルモルトのトリオを提供している。「10年」、「ウーダガール」、「コリーヴレッカン」です。

コリーヴレッカンは、アードベッグの会員専用のリリースとして誕生しました。現在のスコッチウイスキー市場の急激な変化から学ぶべきことは、永遠に続くものはないのだから、今を生き、大切なラベルに深く投資することでしょう。ラインナップの変更に関するセンチメンタルな話はしない方がいいでしょう。

さて、アードベッグは、現在および最近のリリースの大半で、ラベルを秘密にしていますが、その中でもコリーヴレッカンは特にそうです。今回のアードベッグのダークグリーンのボトルを収納する箱には、言葉に不足はありません。勇敢な飲み手は、このシングルモルトを冒険のように見せているラベルを見て、自分の勇気を奮い立たせます。詳細を見ると、アイラ島の隣島であるジュラ島の北に位置する伝説的な渦巻きにちなんで名付けられているという。

パッケージに掲載されている文献は、ウイスキー自体の詳細をあまり明かさないようにしながら、大胆な伝説を彷彿とさせている。カスクセレクションや年齢については言及されていない。アードベッグは、コリーブレッカンがアイラ島のシングルモルトスコッチウイスキーで、アルコール度数57.1%でボトリングされていると述べているが、それだけである。

他のアルティメットレンジの商品は、熟成年数が記載されていたり(10年)、Uigeadailのようにカスクセレクションやノンチルフィルターの使用についての詳細が記載されています。アルコール度数57.1%(114.2プルーフ)、熟成年数の記載なし、麦芽100%、750mlボトル瓶から出してすぐは、バターのような香り、スモーキーな香り、植物のような香りがするが、落ち着いてくると劇的に広がる。

最初から甘く、スモークと塩が非常にエレガントな流れの中で引き継がれる。舌の上で溶ける綿菓子のような軽やかな口当たり。レモンケーキ、テーブルソルト&ペッパー、少し焼きすぎたクロワッサン、醤油、ベーコンの香りがする。フィニッシュには少し火照った感じがある。口の中の最後の方で目を覚ますような真鍮のような香りがあり、その後もずっと続いていく。スモーク、シナモンシュガーの香りが残る。

アードベッグがこのリリースを実質よりもスタイルの定義としてパッケージ化したことへの不満を取り除くと、コリーブレッカンはただ楽しい、楽しいアードベッグである。コリーヴレッカンは、長年にわたって賛否両論を巻き起こしてきたドラマであり、その良さゆえに多くの反感を買ってきたのも確かです。それを差し引いても、このウイスキーはアイラ島のピーテッド・スコッチを代表する美味しいウイスキーだと感じています。しかし、このウイスキーがあなたのキャビネットに置くべきアードベッグだとまでは言いません。初心者の方には、アードベッグ10年をお勧めします。

私の経験では、「コリーブレッカン」は現在のアードベッグの中では明るくてパンチの効いたエントリーである。このウイスキーは、飲み手を一生懸命に誘ってくれ、個人的にはそれが好きです。残念なことに、グラスの中の体験と箱の上の飾りを切り離すのは難しいことです。伝説に事実が書かれていれば、もっと魅力的な商品になるはずです。現状では、これは良いアードベッグですが偉大なものではない。

筆者 がもちゃん@JPウィスキー

学生時代にふらりと入ったバーで飲んだウィスキーロックが美味しくてウィスキーの世界にどっぷりハマりました。バー巡りをして珍しいウィスキーが無いか探すのが趣味で、アイラモルト、ジャパニーズウィスキーなどが最近の好みです。ジャパニーズウィスキーが高騰して最近飲めないと嘆いています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>