ardbeg

Ardbeg Wee Beastie (アードベッグ ウィー ビース ティー)のレビュー

Ardbeg Wee Beastieの味と香りの評価

アードベッグは、その中核となるラインナップに新しい商品を加えました。Wee Beastieという言葉は、何か特定の意味を持つべきだと思われますが、私には何のことだかわかりません。

Wee Beastieは、5年という短い熟成期間で、Ardbegはうまくバランスを取っています。5年もののスコッチを飲んだことを自慢する人はいないだろう。だからこそ、新作に5年のエイジ・ステートメントをつけることは、私にとっては大胆な行動なのである。美味しいと分かっていなければ、そんなことはしません。

ボトルからグラスに注がれるとき、すべてのスピリッツは独自の存在感を放っているので、エイジ・ステートメントは最終的に私にとって何の意味も持ちません。しかし、Ardbegの表現には難しいものがあります。その攻撃性は、私の口が荒れているときには楽しいものですが、そうでないときにはあまり楽しいものではありません。

しかし、ArdbegのWee Beastieは、このアイラ島の名門蒸留器が世に送り出す他の表現に比べて、より穏やかで多様性に富んでおり、全体として素晴らしいドラマである。

Wee Beastieは、アルコール度数47.4%で、ノンチルフィルターでボトリングされている。Ardbegのような「スモーキー」な味わいではないが、最初に注いだときからアイラのスコッチであることがわかる。

香りを嗅ぐと、ピートの強い香りと軽いアガベや洋ナシの香りがする。この香りはそれだけで面白い。他のArdbegの表現から連想される重厚なスモークではなく、土のようなピートの香りである。この違いを確認するために、私はArdbeg  Corryvreckanを1杯飲んでみましたが、確かに焦げたロープや葉巻の灰のような香りがしました。Wee Beastieは、より熟していて、より土っぽい。

口に含むと、コケ、塩水、白コショウ、タールの香りがして、最後には焦がしたバナナとレモンの皮のような香りがします。

このドラマはニュアンスのあるパンチを持っていますが、Wee Beastieのミディアムなフィニッシュは、やはり他のArdbegの表現には見られないものです。飲んでいて楽しく、Ardbegのラインナップに加えるには最適な一本です。



筆者 がもちゃん@JPウィスキー

学生時代にふらりと入ったバーで飲んだウィスキーロックが美味しくてウィスキーの世界にどっぷりハマりました。バー巡りをして珍しいウィスキーが無いか探すのが趣味で、アイラモルト、ジャパニーズウィスキーなどが最近の好みです。ジャパニーズウィスキーが高騰して最近飲めないと嘆いています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>