カリラ12年

Caolila12年レビューで飲んだ味と香りの感想

Caolila12年を飲んだ味と香りの感想

カリラは、アイラ島のスコッチ・ウイスキーの主役級の力作だ。現在はディアジオ社が所有しており、生産量ではアイラ島最大の生産者である。カリラのシングルモルトボトルに入れられなかったウイスキーは、ジョニーウォーカーなどのブレンドに使われる。ピートの美しいバランスが、必要なところに素晴らしい複雑さと神秘性を与えてくれるからだ。実際、ブレンデッド・スコッチの世界におけるピートの重要性は、まさに現代のカリラの成功の理由でもあるからです。しかし、今回レビューする「カリラ12」は、25年やアンピーテッドのリリースとともに、カリラが世間で輝く理由となっています。
1846年に建設されたこの蒸溜所は、その名の由来となったアイラ島のサウンドを見下ろすことができ、アイラ島で最も眺めのよい場所にあると言われている。ブレンデッド・スコッチの需要が高まった1970年代に再建され、2011年にはさらに設備と生産量を拡大しました。塩分を含んだ海からわずか数メートルのところに位置する4基の大型ポットスチルは、1日24時間、50%の能力で稼働しています。充填量が少ないことで、銅との接触が多くなり、スチル内での反応時間が長くなります。また、大型で背の高いスチルは、フェノール含有量の低減にも役立つ。スタイルとテイストに敬意を表して、この方法を採用したことで、カリラの特徴である「バランスのとれた」評価が得られ、スムーズな飲み口の中に大きなフレーバーが貫かれています。
カリラが生産するシングルモルトのうち、12年はアメリカで最も一般的なものです。また、アイラ島の南岸で見られる、より大きく、より攻撃的なシングルモルトへの素晴らしい序章にもなります。2014年にはベスト12年シングルモルトなど、いくつかの賞を受賞しています。これはまだアイラ島の大きなピーテッド・シングルモルトであることを忘れてはならないが、このカテゴリーを美しく表現しており、すべてのウイスキー愛好家に試飲してもらいたい一本である。
外観 クリーミーなイエロー、ストロー
香り: ピートの香りと新鮮さ。塩辛い緑の野菜や海藻に、ハニーデュー・メロンのようなわずかな甘み。ほのかにグリーン・ナッツの香りも。
味わい 美しく滑らかで、その複雑さを理解するのは難しい。ピートで始まりピートで終わるフレーバー・ボムが踊るように現れる。オイリーで高揚感があり、口の中のあらゆる部分に届くテクスチャーは、威圧感がなく、それが軽快さを感じさせる。フェノリックな柑橘類と、長く続くスモーキーなフィニッシュ。改めて、信じられないようなバランスだ。

筆者 がもちゃん@JPウィスキー

学生時代にふらりと入ったバーで飲んだウィスキーロックが美味しくてウィスキーの世界にどっぷりハマりました。バー巡りをして珍しいウィスキーが無いか探すのが趣味で、アイラモルト、ジャパニーズウィスキーなどが最近の好みです。ジャパニーズウィスキーが高騰して最近飲めないと嘆いています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>