ラフロイグ セレクト カスク

Laphroaig Select Cask(ラフロイグ セレクト カスク)のレビュー

Laphroaig Select Caskの味と香りの評価

ラフロイグについては、ほとんど紹介する必要はないだろう。ビーム・サントリーが所有するラフロイグは、アイラ島で年間200万リットル以上のウイスキーを生産する、最も認知度の高い個性的なウイスキーブランドのひとつである。

白と緑のラベルは全国のバーやスーパーで目にすることができ、それぞれのボトルにはプリンス・オブ・ウェールズのロイヤルワラントが記されている。ラフロイグは現在、創業200周年を迎えている。

この素晴らしい蒸留所が、なぜ平凡なウイスキーを世に送り出しているのだろうか。
ラフロイグ・セレクトは、醸造年数不詳の新しいウイスキーである。様々な種類の樽で熟成されている。オロロソシェリーバット、アメリカンホワイトオーク、ペドロヒメネスで味付けしたホグスヘッド、クオーターカスク、ファーストフィルバーボンカスク。

色合い:イエローゴールド、オールドゴールド。
香り:伝統的な甘いラフロイグのピートの香りがする。ほのかなモルトの香り。柑橘系の香りが漂う。本当にとても美しい。スモークの下には蜂蜜とアーモンド。沿岸部の農業のような香り。

口に含むと、香りから想像されるような強烈なスモーキーさや甘さはなく、まろやかなドラマである。ピートというよりは、灰や焚き火のような香りがする。グリスティ、モルティ、そして塩気がある。ダイジェスティブ・ビスケット。おそらくサイダー。最後には少し木の香りもする。しかし、これらのフレーバーはどれも前面に出てこない。探さなければならない。辛抱しなければならないのだ。ラフロイグにはそれを期待していません。私はフレーバーが歩み寄ってきて、私に頭突きをすることを期待していますが、ここではそうはなりません。実際には、それほど多くのことは起こらない。

ラフロイグ・セレクトは、荒削りで、ピーテッド・シングルモルト・ウイスキーを初めて飲む人にとっては、日常的に飲めるウイスキーであると言える。ラフロイグ10のような高みには到達していませんが、これは私のお気に入りの1つです。他のフレーバーとのバランスをとるための、甘くて奇妙なヨードのタッチが欠けていると思います。また、年数不明のウイスキーの世界では同程度の性能を持つラフロイグ・クォーターカスクにも及ばない。

ピート・モンスターが好きな人は、これは避けた方がいいでしょう。ラフロイグが好きな方にもお勧めできません。このまろやかなウイスキーは、ピートフリークではない人にもスモーキーな美味しさへの一歩を踏み出してもらうために作られたものだと思う。

しかし、それはラフロイグの本来の姿を否定しているように思えてなりません。これは、アイラ島の正しいバージョンのようなもので、強力なフレーバーで嫌がられることを恐れています。まるで自分自身であることを恥ずかしがっているかのようだ。

筆者 がもちゃん@JPウィスキー

学生時代にふらりと入ったバーで飲んだウィスキーロックが美味しくてウィスキーの世界にどっぷりハマりました。バー巡りをして珍しいウィスキーが無いか探すのが趣味で、アイラモルト、ジャパニーズウィスキーなどが最近の好みです。ジャパニーズウィスキーが高騰して最近飲めないと嘆いています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>